岩手の自然を満喫! 「@がんばろう岩手」

日本のふるさと"遠野”から、岩手の自然をフィールドに遊びや仕事を楽しむ、何事にもチャレンジャーな日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011 自作電動リール 制作紹介

【岩洞湖解禁情報】

既に皆さんのブログで紹介されていますが
氷上解禁日は23日の午前中に漁協会議で解禁日を決定するそうです。

残念ながら23日までの氷上解禁はありません。

漁協への問い合わせが殺到しているようですが、
これをご覧いただいた方はお知り合いの方にお知らせくださいとのことです



【自作電動リール 作成紹介】
さて、先日紹介した疾風モデルの自作電動リールですが
疾風ではプレートを手前に引いてスプールフリーにして
プレートを戻す時には左側のレバーをカチッとするとプレートの下にバネがついているので
その勢いでプレートが戻り、モーターとギアが設置します。

その戻る仕組みを私のブログでリンクさせていただいている N・A・Оさんに教わりました

材料を探しましたが細いものがなく、太すぎてうまく出来ません。
ふと、考えたときに、安全ピンがそのままの形であることに気がつき、
やってみましたが、やはり太すぎで出来ませんでした。

仕方なく考えた末
必殺! ネオジウム 
正式にはネオジムというらしいです。

普通の磁石よりも強烈なんです!
プレートのスプリングにも負けない磁石なんです。

以前作った自作でも使用していたため、すぐ手に入りましたが、
オークションやネットでも購入できます。
ホームセンターにもありますが値段が高すぎる!

こんな感じで作りました。
DVC000327.jpg
白○の下にネオジムがあると想像してください。
右側の板の内側(プレートの下)にネオジムをアロンで固定
もうひとつはプレートの下に固定します。
その時に、プレートを引いてスプールがフリーになる程度の位置にします

位置的にはこんな感じです
DVC00331.jpg
この磁石同士がくっつくことによって、スプールフリー状態が固定されます。
スプリングが強すぎると磁石が負けてしまうので
その場合はスプリングを伸ばして弱くします

その他の画像です
DVC00335.jpg

DVC00337.jpg

こんな感じです。

バックラッシュ防止とプレートを引くための突起を変更して
最終的な完成品がこちら
DVC001326.jpg

DV1C00327.jpg

参考になりました?

実践していないので、氷上ワカサギ釣りにぶっつけ本番です。
スポンサーサイト

| ワカサギ【自作】 | 09:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごい!

日本代表。
サムライジュペーーーンッ!
(おーーネイティブ!v-405

| マスだオゲだ | 2011/01/21 23:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yui9711.blog74.fc2.com/tb.php/114-fdd4f74a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。